【時間管理を考える】子どもに関するモヤモヤは自分自身に原因があることがほとんど

インスタにも書いた通り、日曜からの数日間、どうにも気持ちがモヤモヤしていたんですよね。

でも、解消に向けて心のメンテナンスをし、子どもとも話し合ったことで、昨日にはモヤモヤも晴れてスッキリしました。

今日はその記録を。


今回のモヤモヤは、久々に長男に対して。

彼の最近の時間管理のやり方に「むむむ」と思うことが重なって、モヤモヤに発展したのでした。

夏休みからソフトボールチームに入団し、新学期が始まって、約2週間。

ソフトボールの練習や自主トレ、友だちとの遊び、宿題に家の仕事、学校の係活動や調べ物、テレビを見たり漫画を読んだりして単純にくつろぐ時間……

長男の毎日は、やりたいこと(と、すこしのやるべきこと)でいっぱい。

楽しそうでいいな、なんでも積極的に取り組もうとしていて我が子ながらえらいな、と思いながらも、これら全てに自分の望むように取り組むには、ただなんとなく過ごしていたのでは時間が足りない状況になるのは目に見えてるぞ、さてどうするの?と思いながら様子をうかがっていました。

実際に最近の長男は、宿題ややりたいことが終わらずに寝る支度が遅くなったり、友だちとの遊びを切り上げるのが予定より延びて自主練の時間が後回しになることがあったり……と、どうにも時間が足りなさそう。

子どもの身体にとって睡眠はとても大切なので、寝る時間は基本的にずらせません。21時には布団に入るのが我が家のルールです。

だったら、寝ている時間を除いた放課後から翌朝の登校までの時間の中で、優先順位をつけ、けじめをつけつつ取り組むしかないのに、時間管理が甘くふわっとしているのが少しずつ気になって。

ちょっとここいらでしっかり整理しておかないと、ソフトの練習時間も遊ぶ時間も、宿題や調べ物の時間も、なんだかバタバタとやっつけみたいにすることになりそうでイヤじゃないの?と、そばで見ている私にモヤモヤが溜まってしまいました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク