【週末ルーティンの見直し】作り置きのやり方を変えようと試行錯誤中

週末の家事ルーティンとして、ここ数年数品の作り置きをしています。

日曜日の夜に作ることが多く、子どもたちの朝ごはんと自分のお弁当のおかず対策が主な目的で続けてきたこと。

総菜などの調理だけでなく、まとめて買い物した1週間分の食材をやりくりするために、下処理や冷凍などを合わせてしてきました。

疲れていたり時間が取れない時には、無理せずパスしつつも続けてきましたが、この夏から子どもたちがソフトボールのクラブチームに入団したことで日曜日の過ごし方が変わったので、基本的なやり方を見直したいと思うようになり、試行錯誤しています。

どうにも日曜日はキッチンに立つことが以前に増して億劫になったので、夕飯も外食もしくはお鍋などで済ませるようになり、作り置きをするにしても今まで以上に最低限なものにしようと思うようになったからです。

とは言え、作り置きがないことで子どもたちの朝ごはんがしょぼくなってしまうのは避けたいところ。

「1汁1~2菜+果物」という構成は続けたいと思っています。

(あくまでも、朝からおかずをあれこれ作るつもりはないという。。。笑)

なので、基本的には「冷蔵庫にすぐに食べられるおかずが1~2品はあるような状態さえキープできればいいや」という感じでやっていくつもり。

もちろんできる時は今までと同じ感じで作りますが。(今までも週によってはやる気が出ず、品数がかなり少ない時ももちろんあったけれど)

新しい生活のリズムに完全に慣れるまでは、新しくやることが加わった分、今まで習慣としてやってきたことから、やらないでも済むことを極力カットして、疲れが溜まらないようにルーティン内容を見直そうという訳です。

先取り家事で得られるラクさと、今日“今”の疲れ具合やラクさを、うまく天秤にかけてバランスをとりたいです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク