【洗濯前キッチン用クロスを利用】ラクに洗面所のキレイを保つコツ

使うたびにサッとひと拭きが結局いちばんラク!

それで、そのサッとひと拭きの時に使う布巾ですが、いずれも朝ごはんと夜ごはんの片付けの後のタイミングなので、片付けの際に出た食器用クロスを使うことが多いです。

それぞれのクロスは、食洗機に入れられず手洗いしたものをサッと拭いたもの。

キレイなものを拭いて濡れているだけという状態です。

それらを洗濯カゴに入れる前に、洗面周りのサッとひと拭きに利用しています。

一応、洗面台用の布きんは用意しているのですが、キッチン用のクロスを洗濯カゴへ入れるサイクルと、洗面台を拭くタイミングが合っているので、あまりそちらは使っていません。

↓洗面台用は白雪ふきん

キッチンの台ふきんは白無地を使っていますが、洗面台用は気分によって柄を選んでいます。


タイトルには「ラクに洗面所のキレイを保つコツ」なんて書いてしまいましたが、コツともいえない内容だったでしょうか。。。

ポイントはやっぱり「使うたびに」というところにあるのかと。

実際その効果はなかなかのもので、今まで蛇口をクレンザーなどで磨いたり、鏡を洗剤等を使って掃除したことはないですが、8年使っている割にはどちらも未だにピカピカです。

そのための負担も小さく、水滴と指紋を使うたびに拭きとるだけだから、ものの1分で終了。ルーティンにして身体で覚えてしまうと、使い終わったと同時に拭き始めている自分がいます。

たったそれだけで、本当にラクにキレイをキープできますよ!

我が家に来てくれたお客さんからはよく洗面所がキレイと褒めてもらえるのでうれしく思っています。

なにより、身の回りをキレイにするために使う場所が汚れていたり曇っているのはいやですもんね。

ラクにキレイをキープする習慣作り、オススメです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク