【IG質問へのお返事】未就学時代の子どものお手伝い(とテレビ時間)事情について

そうは言っても、遊んだおもちゃは出しっ放し、子どもはお片付けをまったくしない……という状態はやはり避けたいですね。

我が家のルールとしては、子どもがこちらの話をある程度理解できるようになった3歳くらいから

リビングへ持ち込んだおもちゃや子どもたちの私物は、出かける前と寝る前には子ども部屋へ片付けること!

と決めて子どもたちに伝え、家族みんなで守っています。

ただ、「お約束だよ、片付けなさい!」と言ってもきっと子どもだけではしないですよね。

なので、私は子どもが小さい時は一緒にやりましたよ。もちろん、自分の遊んだものや出したものを片付けるのは子どもの自身のする仕事だと思っているので、手を出しすぎないように、見守るようなスタンスで、ですが。

目安は保育園や幼稚園を参考にしたらいいと思います。あんなに小さな子どもがたくさんに対して保育士や先生は数人、でも、おもちゃが溢れ返った部屋で給食を食べたり、お昼寝をしているということはないですよね。

子どもたちは、決まったタイミングになると、先生に促されながらそれなりに自分たちでお片付けを行います。

家でも同じことで、お片付けのタイミングにルールを決め、親は促し、見守り、サポートしながら一緒に片付けていけば、小学生になる頃にはある程度は任せられるまでになるのではないかな~と思います。

あとは、片付けやすい環境整えてあげることも大事だと思いますよ!

あまり細かく分類し過ぎず、子どもでも出しやすく、片付けやすい収納を心がける。

これは意識して整えていました。

口が大きなバケツ形の収納は、遊ぶ時の持ち運びも便利だし、子どもでも一気に片付けができるので、我が家はタブトラッグスをいくか用意し、一つはレゴ、一つはプラレールセット、一つは仮面ライダー系のおもちゃというように分かりやすく分類して、収納していました。

あとは、カゴもたくさん使って、積み木、木のおもちゃ、分類しにくい細々したもの、というように「どこに何をどう片付ければいいのか」が子どもにも迷うことなく簡単に分かり、片付けができるようにしていましたよ。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク