【やるせない気持ちになった時は……】親子や夫婦で出来事と感情の共有を

夫入院にて不在4日目。

母子3人で楽しくやっていて、さみしいとか、早く帰ってこないかな〜とか、今のところほんとないのだけど(夫よごめん。でもまだたったの4日だから……)

こういう、子どものことでやるせない思いをした時は側にいて話を聞いてもらいたい。

同じ強さで子どもたちのことを思う人と、一緒に怒って、一緒に悲しみたい。

そう思います。

出来事自体は大したことではないので(おじさんも小さな子が転んで泣きそうなのが可愛くてつい笑ってしまったのかもしれないし。いや、それでもいじわるだとは思うけど!)、夫以外の人と話す時は、いじわるおじさんの悪口を言って「ひどいよねー」と笑って、きっとおしまいに。

それはそれでいいのだけど……

出来ればやっぱり、この次男の悔しさや悲しみを思って私と同じ気持ちでせつなく感じる人(すなわち夫)と、感情をやりとりし共有して消化したい。

しみじみそう思いました。

結婚してから丸12年。

うれしいこと、楽しいことだけでなく、悲しいこともやるせない気持ちになることも何度もなんども一緒に経験しての今があること。

たくさんの同じ出来事を共有し、感情のやりとりを重ねた12年があるから、こういう時に必要と思える存在になっていること。

すごいなって思います。

これは夫婦だけに言えることではなくて、長男とは10年分の、次男とは7年分の共有した出来事とやりとりした感情の歴史がある。

これって本当にすごいことだし、ありがたくて大切で、私にとっては宝物。

そんなことを思いながら次男の寝顔を見ていたら、夕方の泣き顔を思い出してなんだか胸がギュッとなり……

「どうしていつもと違う様子から、悔しくて悲しい気持ちを察してあげられなかったのだろう。もっとやさしく接してやらなかったのだろう」

とモヤモヤとせつない気持ちに。

やるせない気持ちを抱えた時に私が夫に話を聞いてもらいたいと思うのと同じように、次男が私に求めたそれをもっとしっかりと受け止めて消化できるようにしてあげたかったな。

寝る前も次男をギュッとしたけれど、明日の朝はうんとやさしくして学校に送り出したいです。。。

*****

↑っとコレ、昨夜寝る前にダーーーッと書いたんです。

いつもなら夫に話してひとまず消化するのに、いないしなぁ〜。電話するにももう消灯時間だしな~。

と思いつつ、自己消化のため言葉にしてブログに吐き出してみたもの。

眠かったし、支離滅裂なことを書いているかも?との心配から、投稿するかどうかは今日決めようと思って保存にしてました。

今読み返してみて誤字脱字もなかったので(多分。笑)、投稿!

今朝は、昨夜の私が思った通り、次男にやさしくできました。笑。

笑顔で元気に「いってきまーす!」と登校した次男の姿を見て、私のモヤモヤした気持ちもすっかり晴れました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク