【やるせない気持ちになった時は……】親子や夫婦で出来事と感情の共有を

*この記事は全2ページです*

今日の夕方は子どもたちと川辺をジョギングしたのだけど、足の速い次男は私の遥か前を走っていました。

しばらくして遠くからこちらに引き戻してくる姿が見えて。

よく見ると泣いてます。

聞くと砂利のところで転んだらしく、次男の両膝と右ひじからは血がうっすらと出ていました。

うわぁ。痛そう〜と思いつつも、まぁ大した傷ではなく。

こちらも必死で走っているところに激しく泣いて向かってくるので

「もう泣くのはやめなさい。痛いなら先におうちに帰っておきなよ!」

とあしらっていたのですが、それでもグズグズとまとわりついてきて。。。

痛みに強いタイプなのに今日はしつこいなーと思っていたんですよね。

・・・・・

で、寝る前の会話。

『今日ね〜転んだ時、すぐそばに停まっていた車の中のおじさんが、Kくんのこと指さしてやーい!ってからかって笑ってきたんよ……だから痛かったのより悔しくて悲しくて涙がいっぱい出た』

と次男。

!!!!!!?

なんちゅー、いじわるなおっさんやー!!怒。

転んで血を出してる子どもを指さして笑うなんて信じられない……!!

と、その話を聞いた私はびっくり。

そして。

だからあんなに泣いていたのか。

もっと気持ちに寄り添ってあげたら、話を聞いてあげたら良かった……!

と、なんとも言えない悲しい気持ちになりました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク