【所要時間は1時間】下味冷凍を取り入れて 作り置きの内容を見直してみました

夜ごはん向けの作業としては、まとめ買いした肉や魚を冷凍する、月曜の夜ごはん対策に1,2品何か仕込んでおく、くらいしか今までしてきませんでした。

揚げ物の下ごしらえや、餃子をつくっておく、なんていう作り置きをよくインスタグラムで見かけるのですが、私にとってそれらは休日に家族(夫婦)で作って、作りたてを食べるもの扱い。

なかなかハードルが高い内容です。

そもそも大食い一家なので、揚げ物や餃子などを作り置いても冷凍するスペースがありません。。。

餃子なら1食で120個は包むので、冷蔵庫を買い替えてもうまく納めるのは難しいかもしれない。

ちなみに、今使っている冷蔵庫は結婚と同時に購入した2005年製の年代ものでして。

冷凍スペースはとても小さくて、週後半に使う予定の肉や魚、冷凍ごはんやまとめて焼いたパンなどを入れただけで、すぐにいっぱいになってしまいます。

(この秋に買い替えたいなぁと思ってはいるのですが、問題なく使えているので決心がつくかどうか。。。)

なので、作り置きや下ごしらえに「冷凍」という選択肢をなるべく使わないように今までやってきたのですが、少し前から見かける下味冷凍とやらが気になって気になって!

暑くなって早速バテ気味のこの頃、木&金曜日の夜ごはんを作るのが以前に増してとても億劫になってきました。

「共働きだしいいよね!」と、外食もよくする我が家ですが、できればちょっとした外食の回数は減らして、その分まとめてドーンと美味しいものを食べに行くお金の使い方をしたい。

というわけで、焼くだけ煮るだけのメインが冷凍庫に数品あれば、外食したい気持ちのブレーキ役になってくれるかな、と今週から2食分を目途に下味冷凍を取り入れてみることにしました。

今週は、タラのバジルマリネと肉じゃがの素。

あとは、下味冷凍ではないけれど、週後半のごはん貯金時にひじきを炊くつもりなので、その時に使う油抜きした薄あげと千切りしたにんじんのセット。

悪くなりそうなニラと火を通しただけの豚そぼろ、写真に入れ忘れたけど他には、うぶ毛を取って洗ったオクラも冷凍組みへ。

1枚目の写真の夏野菜のあれこれとこれらを合わせてかかった時間は目安通りの1時間ほど。

これくらいなら、我が家の狭小冷凍庫にもなんとか入るし、手間も時間もかからなかったので続けられそうな気がします。

実際、使いこなせるのか、美味しく解凍→仕上げて食べられるのか、はまだ「???」なので、しばらく試行錯誤をして我が家らしいバランスを見つけられたらいいなと思っています。

またその後談のレポートをしたいと思います!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク