【所要時間は1時間】下味冷凍を取り入れて 作り置きの内容を見直してみました

*この記事は全2ページです*

日曜日の夜(遊び疲れている時、休日モードでやる気が出ない時は週明け月曜日に回す事も多々)は、翌週の子どもたちの朝ごはんのおかずや、お弁当のおかずに使えそうなものを作り置きしています。

昨日作ったのはこちら。

「作った」と言っていいのか分からないラインナップ。笑。

「下ごしらえをしておいた」という方がぴったりですね。。。

そして、旬のものを使って簡単に作るので、季節毎にいつも似たり寄ったりの内容です。

インスタグラムでフォローしている方たちの作り置きを見ていたら、おお!と目を引くあれこれがあって、私も!と思ったりもするのですが、同じ材料でもちょっと変わったことをすると子どもたちは食べないし、作り慣れているからこそ短時間で用意できるので、私の作り置きに対するスタンスは

珍しいものや手間のかかるものは作り置かない

それでいいや、としています。

料理が趣味!とか、朝からあれこれ作りたい!って思えるタイプの人に生まれたら幸せだったのになぁってよく思います……。苦笑。

お料理は、嫌いでも苦手でもない代わりに、好きでも得意でもないです。。。

で、これらと夜ごはんのおかずから取り置いておいたメイン、あとは味噌汁やスープなどを添えて子どもたちの朝ごはんにしています。

大体、1汁2菜になる感じ。

***

所要時間は1時間!と目途をつけて取り組んでますが、面倒だな~って思うことももちろんあります。

それでも、朝ごはんをしっかり食べさせないと、作り置きを面倒に感じる以上のストレスを味わうことになるので(朝から元気いっぱいの子どもたちには、給食の時間までしっかりもつ朝食を食べて登校してもらいたい)、フルタイムで働き始めた5年前からぼちぼち続けています。

ちなみに、私と夫は年々朝は軽く済ませたい派になってきているので、朝はトーストとヨーグルト、フルーツ、コーヒー、以上。

たまに目玉焼きやスクランブルエッグなどの卵料理を添える程度の簡単洋朝食です。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク