【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・リビングダイニング編

月末(月に1回ほどのタイミング)ですること

ウエーブは付いた埃が軽いうちは、サッと掃除機をかけたりして汚れをオフし何度か使っていますが、いよいよ取り替えかな?というタイミングになったら、最後にふた仕事してもらっています。

ひと仕事目は壁拭き!

壁の埃は毎月末のみそか掃除の際に、ヘッドをブラシにして壁中に掃除機をかけることできれいに取り除いています。

毎日軽くとはいえ掃除機をかけているので、ひと月で壁に付く埃もそう多くはないですが、ウェーブの取り替えのタイミングの度に、手の届く範囲だけでも壁の埃をさっと払っておけば、掃除機かけの時間はさらに短縮する事ができます。

そして、最後のひと仕事に、掃き出し窓の桟もしくは洗濯パンの汚れを拭ってゴミ箱へ……という使い方で、1枚のシートをとことん使ってから捨てています。

あとは、毎月ではないですが、汚れが気になったタイミングの月末のみそか掃除の際に、窓拭きをしています。(窓拭き嫌い。重い腰がなかなかあがりません……)

やっててよかったな、と思うこと

窓拭きは汚れが気になっても限界に近づくまで放置しがちですが、やっぱりなるべくラクにキレイをキープしたいとは思っています。

その思いは、窓そのものだけでなく、窓周りのあれこれに対しても同じ。

窓周りに関しては、なるべく掃除のスパンが長くなるように、でもある程度のキレイさをキープするために極力手間が減るように考えています。

そんな私がやってて良かったな、と思うことは、冬から春の間は網戸を外して物置に片付けてしまうこと。

↑ね、上下共に網戸がないでしょう?

冬は寒いので窓を開けて過ごさないし、換気のために開ける時間くらいは網戸がなくても不都合もありません。虫もいないしね。

春は花粉とPM2.5がすごいので(福岡在住)、これまた極力窓を開けないように過ごしています。

我が家の窓に網戸が必要なのは、自然風を室内に取り込みたい夏から秋の間だけ。

なので、網戸を使わない冬から春にかけては片付けるようにしたら、使ってないのに汚れてしまっていざ使う時になって洗わないといけない……という状況を避けられるようになりました。

網戸越しに窓が汚れるのも避けられるし、窓の掃除もしやすいし、いいことばかり。

(片付けておくスペースが必要なので、収納に余裕のある一軒家にしか難しいやり方ではありますが)

まとめ

そんなこんなで、まぁ、結局キッチン編と同じく

汚れが軽いうちに、予防掃除と思って、ササッとひと拭きしておく

というのが、リビングダイニングを結果的にラクにきれいにしておけるポイントだと思います。

毎日、毎週末、月末に、洗剤も使わずサッと短時間で拭っておくだけで……年末に大掃除をする必要はなくなりますよ!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク