【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・リビングダイニング編

【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・キッチン編

からずいぶん日が経ってしまいましたが……

今回はリビングダイニング編です。

我が家のリビングダイニングのお掃除サイクルはとってもシンプルです。

毎日すること

夜寝る前と朝出勤前(外出前)には、上の写真の状態のようになるよう、テーブルの上や床の上に物が置いていない状態になるようリセットしています。

苦もなくそれが可能なように、どんな物にも住所(収納の定位置)を作って、その情報を家族みんなで共有しています。

そして、上記の2つのタイミングには、使ったものや出したものを元に片付けるのをルールにしています。

平日は日中だれもいないので、汚れも軽いです。

なので、床に軽く掃除機をかけるだけ。

 ↓マキタを愛用中。ササッと掃除の相棒。

週末にすること

家具や窓周り、カウンター下のオープン部分の収納棚などのほこりを取ります。

数年前までは古タオルを小さく切ったウエスを使って拭き掃除をしていましたが、ウエスがなくなった時点から無印のハンディモップを使うようになり、今では「ウェーブ」を使っています。

少し前から家事にかける時間と手間の削減を今まで以上に進めようと、小さなことも見直しをしているのですが、無印のモップを洗う手間もカットしたいなと。

限界まで使ったら捨てるだけのウェーブはとっても気楽に使えて快適~♪

大掃除や、大きな労力を伴う掃除をしないで済むようにするには、『予防掃除』のスタンスでこまめに掃除をしておくのが、楽にキレイをキープ出来る秘訣ですが、ちょこっと掃除に取り掛かる際の心理的負担は限りなく0に近づけると、さらにそのハードルは下がります。

ハンディモップを洗う……時間にすればほんの数分のことでも、気持ちが重くなるなら、カットカットカット!

シェーカーボックスなどの収納を兼ねた雑貨や

照明の傘についた埃も忘れず拭き拭き。

大して埃がついていないように見える毎週末のタイミングで、サッとひと拭きしておくと、洗剤も労力もいらず、ずっとキレイな状態をラクにキープできます。

→次ページ:月末にすることと、やってて良かった!と初夏に思うこと

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク