【8割がんばれたら十分!】暮らしにもパレ―トの法則を

この考え方は、1日、1週間だけでなく、1年、5年、10年などもっと長いスパンでも取り入れています。

特に子育ては期間限定。

「その時」を逃さないように、人生の時間そのものを10と考えた時に、余裕で過ごす2は今じゃない。

子どもたちが私のサポートを必要としている今は、大きな意味でちょっと無理をしてでもがんばりたい時だなって思っています。

私にとっては、子どもとの暮らしを優先に考えながら、フルタイムで働いて、家のことも回すだけで8。

余裕の部分にあたる2は「自分の時間」と思われるものできっちりと毎日は埋まっていました。

そこに昨夏から子どものクラブチームの活動が加わったことで、精神的には「余裕」の部分のほとんどをそれに当てるような毎日になっている気がします。

週末も早起きがデフォルトになった程度なのに、もうこの7カ月はどこかでほとんどの余裕を失くしている状態なんです。苦笑。

でも、今はその生活を望んで選んでいるし、今のこの生活からしか得られない経験をたくさん得て、日々学んでいます。

だから、クラブチーム活動を今までの子どものお世話、家事、仕事、に加えても、そのトータルが8になるよう工夫するようにシフトしました。

以前に増して、家事の効率化を図っているし(手放せる家事はどんどん手放すようにしています)、仕事には割り切りをつけています。

↓と言う訳で、我が家にもとうとうルンバが。主に2階の掃除をこいつにお任せすることに。

やっぱり「余裕」を持っていると感じられる2の時間があるからこそ、暮らしの大半を占める子どものサポートや家事、仕事の8割の時間を忙しくとも楽しめると思うので。

どうしたって、1日は24時間で、自分1人にできることは限られています。

どんなに「やるべきこと」と思えても、それは本当に今すべきことなのか、自分がしなくてはいけないことなのか、しなくても良い方法はないのか、本当に得たい時間はどんなものなのか、どうすれば暮らしに「余裕」を持たせられるのか……

を、しっかり考えて暮らしたいですね。

そうすれば、人生全体の10そのものの器も大きくしていけるでしょうし、なにより、自分を好きでいられる時間、ごきげんに過ごせる時間が増えるように思います。

みんな十分がんばっている!!

我が家の年明けからの2ヵ月は、ドタバタだったけれど充実してはいました。

でも、それがずっと続けば毎日はただ回すことだけで終わるものに。

そして、そんな生活はいつか心身共に疲れをもたらすもの。

周りを見れば、仕事も家事も子どものサポートも完璧にこなしながら、余裕綽々で暮らしておられるように見える素敵な人ばかり……

ついその、すごい人たちの目に見える部分だけを自分の出来ていない部分と比べて自己嫌悪になってしまいそうになるけれど、いやいや、私だってがんばれてるよ!自己嫌悪に陥っている人だってみんな十分がんばってるよ!

と思いたい。

そして、がんばれていない時間があっても当然だし、それがあるからこそ大半の時間をがんばれているんだよ!8割がんばれてたら、自分を好きだと思えたら、もう十分じゃないですか~!

と言いたいです。

今回はそんなお話でした!

家の不具合は解決し、仕事も落ち着き、家族の体調や怪我もみんな良くなりました。

この春は2割の「余裕」の時間をまた大切にして、全体の8割の時間をより充実したものにしたいです!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク