洗濯物は畳まなくてもOKな仕組みづくり

家事が苦手ではない私ですが……窓拭きとお風呂掃除は嫌いです。

なので、基本的にそれらは夫や子どもたちの担当にしてもらっています。

そして、洗濯物畳みとアイロンがけは、面倒で仕方ありません!

面倒ながらも仕上がりは自分好みでないと嫌なので私の担当ですが、畳まれ待ちの洗濯物たちがソファの上でくつろいでいることも多々……。

こんな感じ↓(恥)

半日放置されるのはよくあることで、ひどい時には丸一日経って、2日分の洗濯物が畳まれるのをじーーーっと待っている時も。

(量が増えるとリビング横の和室に運ばれ見て見ぬふりをされがちです)

洗濯物を畳むタイミングがつかめない時ありません?

私の母親もフルタイムで働いている人ですが、母は取り込んだらすぐ畳む!を苦もなく実行している人。

イマイチ乾き切っていないものは、ウォークインクローゼット的なものが実家にはあるので、そこのバーにかけて完全に乾くまで放置……はあるものの、私のようにソファや和室に畳んでいない状態で重ねて放置なんてことをしているのは、一度も見たことがありません。

私よりも忙しい母は苦もなくできていることなのに、私が畳むタイミングが掴めないというのは……まぁ、言い訳ですね、はい。

うーん、でもどうにも後回しにしがちなんですよねぇ。

晴れの日は仕事から帰ると、庭に干した洗濯物を取り入れます。

で、そのままの流れですぐ畳めばいいのですが、それよりもすぐに晩御飯の支度に取り掛かりたかったり、ちょっと休憩~!とビールに手を伸ばしたりしてしまって。。。

部屋干しの時は、乾き上がるタイミングが干してから丸一日経った翌朝だったりするので、朝から畳む時間は取れなかったり。

まぁ、後回しにする理由(言い訳?)はまちまちです。

↓我が家で愛用中のタオル。グレーのグラデーションが可愛いのです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク