【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・キッチン編③

前回【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・キッチン編②のつづきの記事です。

スポンサーリンク




キッチンをきれいに保つためのみそか掃除

毎日、週末のルーティン掃除に加えて、毎月末に月に一回のサイクルでやっておきたいことと、季節の変わり目にすること、などに取り組んでいます。

これをするようになって、年末の大掃除はほんと必要なくなりました。

下の写真の④換気扇の中⑤引き出し内部の掃除がそれにあたります。

年末の大掃除で一番気が重いのは……そう、④の換気扇内部の掃除!!

昔は私も本当にいやでいやで……。

限界まで放置しては1日がかりで半泣きになりながら掃除する……という感じでなんとかかんとかごまかしてきました。

でも!「いやなところこそ、マメにするのだ!」と去年からは、みそか掃除の項目に組み込みました。

みそか掃除の項目に組み込む前には一度、プロのお掃除屋さんにはいってもらい、しっかり汚れをオフしてもらいました。

6,000円の出費は高いのか、妥当なのか、と思いつつ依頼。

「これはいい!」と手放しに思えたら、いっそ換気扇掃除は毎回限界まで汚れを溜めて外注にしようかと思いましたが、他人さんが家に入るのも、キッチン周りを触るのも、私はやっぱりあまり好きではなく……自分でやっていこう、と決意を新たに出来ました。

というわけで、毎月末にするようになって、うん、いい感じ。

毎月末の換気扇掃除の流れ

◇カバーを外し、洗います。

これは、まぁ楽勝。普通の洗い物と一緒です。

◇網を取り外し、これまた洗う。

うーん、ひと月でも結構ベタベタしとります。

古歯ブラシで洗ってます。(写真は洗った後のもの)

写真を撮り忘れてますが、毎月末に網を洗った後、不織布のフィルターカバーも新しいものに取り替えています。

(カバーは、100均やドラッグストアで売っているお安いふつうのもの)

◇換気扇の羽を外して……

これまた洗います。

外した状態のものの写真がなくて取り付け後ですが、毎月サッと洗うと汚れの程度はとても軽いです。

これは楽勝。

と、こんな流れ。

ま、普通ですね。笑。

毎月末にしておくと、油汚れに強いと謳われているJOYなどの食器洗剤で汚れは落ちますよ。

てなわけで、毎月末にしてはいるのですが、どうにもやっぱり面倒に感じる時があるのですよ。

でも、ここで止めたら元の木阿弥。

また、半泣きで掃除する年末を迎える羽目になってしまいます。

じゃあ、そんな時はどうする?

どうにも手洗いはめんどうですばい、という時は、ばーんと食洗機にかけてしまっています。

これ、換気扇のメーカーによっては、食洗機の使用は禁止されています。

どうやら塗装がはげてしまったり、変形したりしてしまうそう。

なので、要確認のやり方ですが。

我が家の換気扇を食洗機にかける際は、高温の乾燥は使わず、送風で乾かしています。

使う頻度もまだ数回だからか、今のところまったく不具合ありません。

めっちゃラクで最高です!笑。

もう毎回食洗機にかけたいくらい。。。

(真似される場合は、ご自宅の換気扇のタイプをしっかり調べられた上、自己責任でお願いします!!)

これをやっているので、年末のキッチンも大掃除に追われずに済みます。

まだ面倒な気持ちはあるものの、今年も続けていく所存です!

→次ページ:引き出し内部のきれいをキープするサイクル

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク