【今年こそは!】大掃除のいらない家づくり・キッチン編②

食器棚のオープン部分や飾り棚の拭き掃除も週末のルーティンにしています。

乾いた汚れは“乾拭き”が基本

⑧⑩棚を乾拭きする

毎日必ず使う食器は食器棚のオープン部分に納めています。

↓イッタラのティーマシリーズをヘビロテ


子どもがガチャガチャ触っても割れない丈夫さと、食洗機やレンジOKの手軽さ、そして和洋どちらの料理にも合うシンプルなデザインが気に入り、長く愛用しています。

また、お気に入りの辻和美さんのグラスや井山三希子さんや岡澤悦子さんの食器は、壁掛け棚に飾りつつ収納しています。

毎日掃除機を軽くかけていても……オープン部分には、やっぱりほこりが溜まります。そんなほこりをキッチンペーパーで乾拭きしています。

ほこりなど、乾いた汚れには乾拭きで十分です。

洗いカゴも忘れずに

最後に、食洗機に入れられないものを洗った際に使っている洗いカゴも、毎週末メラミンスポンジで磨きます。

これも放って置いたら、うろこ状の水垢が付いてしまうので、定期的に磨いて拭いています。

でも、これ、受け皿から水が流れて行くタイプのものなので、毎週末のサイクルだと1週間分の水滴後がやんわりすでについてるんですよね……。

以前の流れて行かないタイプの受け皿の時は、毎回使い終わる度に水を捨てて、ついでに磨いていたので、10年使いましたがもっとピカピカをキープできていたのに。

かといって、毎回外すのは面倒なので、週一でリセットできる範囲で良し、と折り合いをつけています。

いや、これもはや毎週末が大掃除状態じゃん……

ここまで読まれてそう思った方~?

インスタグラムに以前いただいたコメントに「りょうこさんの週末ルーティンは私にとっては大掃除です!」というものがありまして。

うーん、確かに、掃除自体が大嫌いな方や日ごろは基本掃除なんかしませんよ!って方には、かなりのボリュームと負担感に思われるのかもしれません。。。

でも!ですね。

これまであげた掃除の一つ一つの作業は、かかっても3分とかなんですよ!

しかも、サッと乾拭きor水拭きするのみ。

なので、掃除に取り掛かる時に自分が負担を感じない汚れ具合をキープできるサイクルさえ掴めれば、どなたにも負担感はあまりないと思うのです。

私にとっては1週間ですが、3日の方もいるかもしれないし、2週間空けるくらいでちょうどいい方もいるかもしれません。

そこは、ご自分の好みと生活スタイルによるので、見極めが必要ですね。

なにより汚れが溜まってから大変な思いをするよりも(汚れが溜まっていく間もストレスは溜まりますし)、予防掃除のつもりで汚れが軽いうちに、負担感なく取り掛かるルーティンのサイクルを作った方が、心身ともにラクにきれいをキープできると思います。

次回でキッチン編は最後です。お察の通り、その③はキッチンのみそか掃除(月末のルーティン掃除)についてです。

◇キッチン編その③に続きます!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク