【子育ては期間限定】今年も家族で笑って過ごす時間ファーストで!

子育ては期間限定!!

「子育ては期間限定」

これは私と夫の子育てにおける共通認識です。

だから大変なことはうまくスルーしたり、スルー出来ないことは今だけだからがんばろうと、やりくりしてきました。

寂しいけれど、これはうれしいことも一緒ですね。

どんなに「この可愛さよいつまでも……」「ずっとこのままで……」と願っても、子どもたちは日々成長し、親元を離れる時がやってくる。。。

でも、そうとは分かっていても、永遠に続くように錯覚してしまうことがあるんですよね。

いつまでも自分たちのそばで「ママ!ママ!」と求めていてくれるような気がしてしまう。

当たり前に自分のことを大好きでい続けていてくれるような気がしてしまう。

日々の忙しさに流されると、ついつい分かっていてもその有難さが薄れてしまうことが。

だからこそ、頭の中には子どもの自立までの砂時計をいつもいつも忘れないようにしようと強く意識するようにしています。

年末年始だけでなく、子どもの誕生日やなにかの節目だけでなく

「大好きと求められているママ」

でいさせてくれているこの期間限定の大変だけど素晴らしく幸せな日々を、毎日毎日噛みしめて大切にしたいです。

健康第一で機嫌良く。

そのために、楽しく工夫して、家族で協力しています。

大切なことを思い出させてくれる漫画

〆に、私が初めて目にした時からふとした際に思いだしている西原理恵子さんの漫画「毎日かあさん」のセリフを紹介しますね。

家事なんかしなきゃよかった

家なんてもっと汚くてよかった

洗たく物もためちゃえばよかった

食事なんか手作りすることなかった

あんなに抱っこして欲しがったのに

もったいないことしちゃったなぁ

検索したらこちら↓のサイトに漫画も載っていたので、グッときた方は読んでみてくださいね。

もっと抱っこしてあげればよかった。漫画「毎日かあさん」に涙。

今までも

「子どものために」とか「〇〇のせいで」と思うようならそれはしない。

家事は快適な暮らしを支える仕事。だから、家事のために不機嫌になるのは本末転倒。

そう思って無理せずラクに機嫌良く暮らせるよう、工夫してやってきました。

今年は、長男も小学校最高学年。

仕事、家事、普段の子どものお世話に加えて、ソフトボールや学校生活のサポートに忙しい毎日になると思います。

忙しい時こそ、一番大切なことを忘れずに。

家族仲よく、笑顔でそれぞれの成長へ向け、2018年を邁進したいです!

今年もよろしくお願いします!!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク