旅のしおりの作り方

旅のしおりの作り方①:行き先を決めたらインスタグラムで好みのお出かけ情報投稿を確認

例えば、先々週末の日帰り旅行。

行き先は「嬉野温泉」なのは、両親が決めたこと。

これはフィックスなので、ここからスタートです。

まずは、嬉野温泉関連の投稿で気になって「保存」していたものがないかをインスタグラムで確認しました。

それで、いくつか「保存」しているものがあれば、その情報を元にさらにタグ検索。

保存していたものがなければ「#嬉野温泉」で検索。

検索のフィード上位を一通り見て、好みの写真や好みの感じの投稿があれば、そこに載っている情報を元にまたタグ検索……というのを繰り返します。

すると大体、みなさん、お出かけや旅行の記録を一連の流れで投稿されているので、目的地周辺のオススメポイントの情報がまとまって手に入ります。

あとは、一つ一つ、それらが自分も実際に行きたい場所か、また、一緒に行く人たちにとってはどうなのか、をタグ検索を繰返し検討。

大まかに行きたいなと思うお店や場所をピックアップします。

旅のしおりの作り方②目的地周辺や道中に合わせて楽しめそうなポイントがないか探す

次に第一目的地点の周辺やそこまでの道中にも、同じように楽しめそうな場所がないかを条件に合わせてチェックします。

(日帰りか泊りか、または一人なのか、友人や家族と一緒なのか、によっても動ける範囲は変わってくるので、目的と条件に応じて調べる内容は変わりますね)

今回の場合は嬉野温泉で温泉を楽しみ、ご当地の美味しいものを食べて、きれいな紅葉を見たい、というのが大きな目的。

だけど、両親と子どもたちと一緒なので移動に負担がかかる行程にはしたくない。

おまけとして、私的には素敵なお店にも寄れたらさらにうれしい。

というのが、情報収集における条件でした。

嬉野温泉は佐賀県にあるので、今度はインターネットで「佐賀 紅葉」「嬉野 紅葉」と調べてみました。

すると、嬉野から車で20分のところにある武雄にとてもきれいな紅葉スポットがあることが判明。

なので、武雄も行き先に追加。

↓今回訪れた武雄の御船山楽園。

そして、同じく嬉野から車で20分のところの波佐見には、私が好きなお店が集まっている西の原エリアがあるので、時間が許せばそこも行けたらいいな、というのが今回の大まかなルートになりました。

愛用中の波佐見焼の食器たち↓

 

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク