【無気力モードから抜け出そう】やる気を出す方法!

やる気復活までのステップ②やることに優先順位をつける

・やらないことを増やす(本当に必要なこと以外しない)

・やると決めたことも効率化を図り、より楽にできるようにかける時間と労力を極力カットする

明日でいいことは明日に。

自分がやらなくてもいいことは人に。

そもそも「やったほうがいいよね」レベルのことはしない。

特に家事なんてものはほとんどのことが「先取りして済ましておいたらあとが楽!」とか「やったほうがより快適!」というようなもの。

やる気もあって元気な時はそれでいいのだけど、無気力モードの時も「やった方がいいこと」まで「やるべきこと」にいれていては、そりゃ疲れも取れんわってものです。

だから、不機嫌や自己嫌悪にならなくて済む最低限のことをしたらOKと、普段よりハードルをグッとさげることを意識的にしています。

そもそも、普段から無駄と無理をなくして楽に快適に暮らすために、私は毎日の家事をルーティン化しています。

だから、自分の暮らしでルーティンとなっているものは、無気力モードの時でも基本的には苦じゃなくできます。

疲れていたら少々パスしたり、スキップすることが増えても快適に回るように、普段の家事をルーティン化しているという内容の本まで出しました。笑。

↓コレ。 編集さんがつけてくださったそのまんまのタイトル。笑。

だけど、ルーティンになっていない小さなあれこれってありますよね。

その小さな気がかりのあれこれが、積もり積もってストレスになるので、それらを積極的に仕分けして優先順位をつけるようにしています。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク