文字がここへ連れてきた

ひろのぶ雑記は、最近好きな連載の一つです。

その中でも1日に更新された 文字がここへ連れてきた【連載】ひろのぶ雑記 がとてもよかったので、今日はそれについて書きたいと思います。

ぜひ上のリンク先から全文を読んでいただきたいですが 、私がグッと心を掴まれたのが

書くことで私は思いもしなかった場所に立つことになる。
書いたものを読んだ誰かが、予想もしなかったどこかへ、私を呼び寄せてくれるようになったのだ。

「あなたの書いた文章を読んで、会ってみようと思いました」という人から連絡があり、京都駅に立った時。「あなたの書くものが好きだから酒を奢る」と言われて気が付いたら九州にいた時。「読んだら面白かったので、話を聞きたい」と言われて静岡の「さわやか」という店のハンバーグを食べている時。

そんな時、私は、文字がここへ連れて来た。と思う。

というこの部分。

ほ、ほんとうだ~!!!と、思わず膝を打ちました。

「自分の頭の中を文字にして表す」それはとても簡単なことだけど、とても難しくて。

さらには、理解されなかったり、拒絶されたり、けなされたりすることを思うと恐怖も大きかったり……。

それでも私がインスタやブログを通して細々と書くことを続けているのは、まさに「文字がここへ連れて来た」という経験が、書くほど増えてきたから。

私も、自分の暮らしや考えを書くことで、思いもしなかった場所に立つ機会を得ました。私が書いたものを読んでくれた誰かが、予想もしなかったことろへ、私を呼び寄せてくれるようになりました。

それまでの暮らしではお会いする機会がなかった人たちに会うことができたり。自分の中の新しい可能性を見つけたり。毎日に大きな刺激を得たり。自分の本を出すなんていう機会を得ることになったり。

なにより、読んでくださった方からの共感の声や、なかにはお礼を言ってくださる声を目にすると……

本当にうれしくて、書いてよかったなぁ、これからもいろんなことにどんどん挑戦していきたいなぁと改めて思える勇気をもらいます。

最近では、働く主婦の新しい挑戦(書籍出版や日々の発信?)に「応援しています!」というお声もちらほらかけていただけるようになりました。

やっぱり挑戦には良いことがある分、辛いことやうれしくないことも多少は付きまとってくるものなので、時にはくじけそうになることもあるのですが……応援しています!と言ってもらえると、本当にとてもとてもうれしくて。すごく励まされています!

喜怒哀楽が激しくて感情的ではあるけれど、感覚的(良い意味の)には生きられない性格なので、数年前まで私は本当にいろんなことに悩み、小さなことにクヨクヨしては、将来に対しても悲観的になっていました。

でも今は、まずは楽しもうよ!なんでも楽しめるように、楽しい面に目を向けられるように努力しようよ!と無理せず思えるようになりました。

(なんどもいろんなところで書いていますが、もちろん今も悲しいこと、辛いことは生きてりゃそりゃいろいろありますよ。だけどそれすら楽しむ努力をする!したい……!)

私が文字にする「悩んだり、傷ついたり、壁にぶつかったりした際に、あれこれ考えてはどうにかこうにか自分に折り合いをつけてきた経験やその時の思考の変遷」が

今、あの頃の私のように悩み、傷つき、壁を前に立ちすくんでいるどなたかにそっと寄り添って、気持ちを楽にし前を向こうと思えるきっかけに少しでもなれたら……本当にうれしいなぁ、夢みたいだなと思います。

あたたかいやり取りができるご縁につながることを願いながら……これからも、私はほそぼそと書くことを続けたいです。

ひろのぶさんの文章を読んでそんなことを思いました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク